第53回日本臨床細胞学会秋期大会
スライドカンファレンス

司会:河内茂人(山口大学大学院 医学系研究科分子病理学)
池本健三(山口大学大学院 医学系研究科分子病理学)

本スライドカンファレンスは、学会テーマである「細胞診断学の向上とがん診療への貢献」を踏まえ、'細胞診断学の向上'に重点をおき企画致しました。婦人科、泌尿器、呼吸器、乳腺、体腔液の各領域で経験する特異な細胞の細胞所見と出 現様式、その鑑別と診断のポイントについて、次世代のがん検診を担う新進気鋭の細胞検査士の方々に、出題ならびに解説をお願いしております。

  1. スライドカンファレンスは、11月9日(日)14:20~16:20第1会場(海峡メッセ下関(4階 イベントホール)にて行います。
  2. 鏡検室(海峡メッセ下関8階:806)にて、閲覧できます。
    スライドカンファレンスの症例掲示および投票場所も設置しております。
  3. ホームページでの症例の細胞像はここからご覧になれます。従来の静止画、バーチャルスライドに代わって、今回はZavicで提示します.ZavicはZ-axis video for cytologyの省略で、焦点を変えて細胞(集塊)を観察している様子をビデオ撮影したものです。多くのみなさんには初めての体験かと思われますが、その有用性をぜひ実感していただきたいと存じます。また、症例への回答をたくさんの方々からお寄せいただけることも期待しております。
  4. なお、Zavicを閲覧するにはブラウザーとしてInternet Explorer9 以上、 Safari、 Chromeが推奨されます。iPadなどタブレット端末でもご覧になれます。